旅行記録2020年(2)

スポンサーリンク

日本全国を旅🛫します。

ここでは、2020年1月1日~12月31日です。
コロナ禍で出かける🚄🚉🛫機会が制限🏠されてしまいました。
2019年は、倍以上は出かけてただけに残念です。 (^^♪

ここで説明するのは、以下の目次のとおりです(^^)/

スポンサーリンク

【宝当神社】

佐賀県唐津市の北方⬆️約2kmに浮かぶ島、高島にある神社⛩

住民が宝くじ🎫を購入した際、神社名にあやかりこの神社に当選🎯を祈願🙏したところ高額💴当選した事をきっかけに、「この神社に祈願すれば宝くじが当たる」という評判が立つようになった。

億万長者が集まる金運パワーの島

【鏡山】

佐賀県唐津市にある、低い⛰山である。

標高283メートル 別名:領巾振山(ひれふりやま)

【有明海】

九州最大の🌊湾で、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県にまたがる。

🇯🇵日本最大の干潟・独自の生物相などを特徴👆とする。

スポンサーリンク

【三重津海軍所跡】

佐賀藩は独自に🌊海軍技術の教練を行うことにしました。これが三重津海軍所💣のはじまり。

平成27年7月
「明治日本の産業革命⚡️遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、🌍世界遺産に登録。

【バルーンミュージアム】

いつでもバルーン🎈の魅力に触れられる🏢施設。

佐賀県は、嘉瀬川河川敷を主会場として毎年秋に熱気球競技大会🆚が開催される。

風🌪の少ない安定した地形🗾だから。

【佐賀城本丸歴史館】

佐賀城跡🏯に、本丸御殿の一部を忠実に復元✊建てられた歴史博物館。

木造復元建物としては🇯🇵日本最大の規模を誇る。

建物周囲には、天守台、城堀、国重要文化財の鯱の門などの史跡もあり、当時の雰囲気を味わうことができる。

スポンサーリンク

【佐賀駅】

気まぐれで🇯🇵全国を✈️旅します。
本日は、はなわの歌で有名な「エスエージーエー」サガに来ました。🏃‍♂️💨

人は少ないですが、いやー暑い🥵ですね💦

【祐徳稲荷神社】

日本三大稲荷の一つ☝️に数えられる。

年間300万人の参詣者👨‍👨‍👧‍👦が訪れる、九州の神社⛩では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数である。

スポンサーリンク

【名古屋城】

それにしても33℃暑いですね🥵💦

コロナと GOTO前なので閑散としてる感じですねー😊

名古屋城🏯は、日本100名城、国の特別史跡に指定👍されている。徳川家康が天下普請によって築城した。

1945年の名古屋大空襲で大部分💥を焼失し、戦後に復元された。

【高輪ゲートウェイ駅】

JR東日本🇯🇵の山手線30番目の🚉駅として、品川〜田町駅間で開業。コロナ🦠で未訪問。

駅の目玉👁とも言える「TOUCH TO GO」は、客が手👏に取った商品を認識👀し、レジ業務の店員🙋‍♂️が不要となる次世代の売店。

駅とトイレ🚽は開放感ある構造で、まだ利用者👨‍👨‍👦‍👦も少ない印象。

【ドライブスルー型PCR検査】

しっかり機能してますね。
もっと、🇯🇵全国に増やすべきです。

既に50台くらい車🚗が止まってます。素晴らしい👏

スポンサーリンク

【東京スカイツリー】

東武鉄道及び東武グループのシンボル的存在。

2012年2月29日に完成し、同年5月に電波塔・観光施設として開業した。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、電波塔を含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれている。

コロナ感染者か

スポンサーリンク

【コモレ四谷】

四ツ谷駅の目の前、再開発ビル。
高さ145m

地上31階、地下1階、塔屋1階、今年から39店舗が出店中。

「繋がり(COMMON)」と「憩い(木漏れ日)」の造語

スポンサーリンク

【虎ノ門ヒルズ】

高さ 247m
地上52階・地下5階建て、芝生広場のある庭園、ガーデンハウスを併設している。

【札幌市電】

街中を走る路面電車。
1927年(昭和2年)に市営化された。年々利用率が減っているが、札幌市民の足として利用されている。

【らーめん信玄】

すすきので行列の出来る人気店。
信州ら~めんが一番人気。

深いコクとすっきりとした甘さが中太の特注ちぢれ麺。

ガラガラでした。
コロナ騒ぎで敏感になり過ぎですね。

スポンサーリンク

【札幌街の風景】

人が少なーい🤣

【ディズニーランド】

スポンサーリンク

【小松空港ラウンジ】

地方の小さい空港には、無いことが多いです。小さな小松空港ですが、あります。

保安検査場を通過してから入るスタイル。これは、見逃しそうです。

【高山市内街並み】

古き良き街並み

【霊雲寺】

スポンサーリンク

【太平山安国寺】

足利尊氏・直義が日本各地に建立した安国寺の1つ。

最盛期には七堂伽藍と9の塔頭を有する大刹であったが、戦国時代、二度に渡って兵火を被り、経蔵、開山堂、および鎮守社の熊野神社以外の堂宇が焼失。

現在見られる本堂は、飛騨高山藩第三代藩主の金森重頼により再建されたもの。

【小松空港】

平日の移動でコロナ対策をしながら経済協力🤝

今回も世界遺産と寺巡りです

スポンサーリンク

【ワ・ラッセ】

青森ねぶたの保存伝承の他、青森の観光の拠点とするべく建設された。

青森市が管理するねぶた関連の博物館は初めてである。

名称は公募により選ばれ、最優秀作品である「ワ・ラッセ」と優秀作品である「ねぶたの家」を組み合わせた。

【A・ファクトリー】

青森県産品を使ったスイーツやフード、ドリンクを取り扱う物販・飲食一体型の市場形式である。

青森県産りんごを使用したシードルやジュースを施設内で加工するのが特徴。

その工程を施設内で見たり、テイスティングカードを購入することでテイスティングすることもできる。

【青森ベイブリッジ】

橋長は1,219mあり青森市最長の橋である。青森県では八戸大橋(1,323.7m)に次いで2番目。

非常に外観を重視した橋であり、総工費も約270億円に達した。

橋脚やケーブルなどいたる箇所に青森の頭文字である「A」の形がかたどられている。

スポンサーリンク

【新青森県総合運動公園】

青森県青森市大字宮田にある運動公園。

施設は青森県が所有し、スポルト青い森グループが指定管理者として運営管理を行っている。

収容人数は最大で5,371名で、ライブも開催。

【青森魚菜センター本店】

市民の台所として昭和40年代からにぎわってきた“旬の食材”の宝庫。

元祖[青森のっけ丼]は市場内のお店に並ぶ青森ならではの新鮮な魚介類をのせる。

自分の好きな具材、好きな量をチョイスし温かなごはんにのっけて食べる丼として有名

スポンサーリンク

【津軽ゆめりんごファーム】

りんご🍎は涼しい気候に適した果物。

青森県は北にあるので、涼しい夏がりんごに適していたことや広い土地があったこと、冷害でお米があまりとれない年があり、りんごが大切に作られて普及した。

それにしても、4個で100円って😱
味は美味いです。

👉ホームへ戻る

スポンサーリンク